読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はとに豆鉄砲

SNS全盛期だからこそ、ブログが書きたくなりました。思いたったことを、たれ流すように書きます。 音楽の話とか、何かの感想を書いていきます。

【新たに出会ったアーティスト - Vol.02】nano.RIPE - 明るいけど切ない、疾走系ギターロックの女性ボーカルバンド

前回は、アコースティック寄りのユニットのUSAGIを紹介して、今回は・・バンド!やっぱりバンドだよね!中学生の頃はburrnを毎月欠かさず読むほどの、ヘビーメタラーだった僕ですが、高校からはもっぱら邦ロックを聴いていて、RSRとかRock in Japanに出るようなアーティストを好んで聴いて来た。

なんだけど、最近の邦ロックっていまいちピンとこなくて。例えば、ライジングサンのdef garageやEARTH TENTに出てるアーティストを良いって思わくなった。同年代に人気のバンドで最後にいいと思ったのはクリープハイプかなーって感じで。だから、大学に入ってから4年間あまり好きなアーティストが更新されなくて。

そんな境遇の人って他にもいるんじゃないか?ってこともあり、この連載を初めてみたわけです。いい出会いを届けられたなら、幸いです。今回紹介するのは、女性ボーカルのバンド『nano.RIPE』。

 アニソンレーベル所属ながら、実力派ライブバンド

所属レーベルがランティスっていうアニソンレーベルで、知ったきっかけもアニメの挿入歌。花咲くいろはってアニメでOp+挿入歌で合計5曲くらい使われていて。むしろ挿入曲が良かった。『月影とブランコ』って曲なんだけど、ライブハウスで鳴ってそうな真っ直ぐさな心地よさが会って。OPは初め、バカにしていたんだけど、聴いているうちに「おやおや?これはもしや良いのでは!」という感じになってきて(笑)OPの『ハナノイロ』って曲は、ニコニコでその出落ち感からズコーさんってあだ名がつくくらいで(笑)


nano.RIPE「ハナノイロ」PV Full size(TVアニメ『花咲くいろは』OP主題歌)

ギターがきもちいい

このバンドはどの曲もライブ映えしそうな曲ばっかり。何より、疾走系の曲のギターがめっちゃくちゃ気持ちいい。キャッチーな単音フレーズをかき鳴らすスタイルでグイグイ引っ張っていく。どの曲も気づいたらギターに耳を奪われていて。

面影ワープとか、ギターやっている人なら弾きたくなること間違いなし!超弾いてて楽しそう。


nano.RIPE『面影ワープ』Music Video(Full Ver.)

リアルワールドは、思わず走り出したくなってしまう疾走感。イントロのコーラスが恥ずかしい感じで、この恥ずかしい感じを思いっきりやるとむしろキャッチーになるっていう。


[Official Video] nano.RIPE - Real World - リアルワールド

男前なボーカル

ボーカルは女だけど、全然キャピキャピしていなくて、ライブの時はマキシマム・ザ・ホルモンのナオちゃんみたいな般若顔で男前に煽る。ギターの弾き方もワイルドで。女の子ってかわいく弾いたり(チャットモンチーのえっちゃん)、振り方がちょっと変わっている人(椎名林檎)が多いんだけど、男っぽくグアーッ!とひっかくように弾いているのが爽快で。

明るさの中の、切なさ

歌メロは明るいんだけど、切なさがあって。明るくて切ない曲調は僕は一番好きな曲調。スピッツの草野さんがライナーノーツを書いていたり、スピッツのカバーもしているので切ない感じはスピッツの影響だろうな。親しみやすいんだけど、ときどきダークなところが顔を出すところも魅力的です。小綺麗なものより、生々しい音楽が好きだ。

疾走系だけじゃない、染みる曲も。

疾走系だけじゃなくて、染みる曲も書けるから幅が広い。『夢路』のこの淡い感じは、なかなか出せないですよ。みずみずしくて、切なくて、でも希望が湧いてきて・・そして、この曲は歌詞もよくて。ちなみにどの曲も歌詞はちゃっかり女の子らしいんだよね。


夢路/nano.RIPE 歌詞字幕付き

夢は夢で目が覚めると 跡形もなく消えるモノだ
思うより価値なんてない

このフレーズの部分がすーって入ってくる。語感がよくて、想像をふくらませてくれるフレーズ。

絵空事みたいなミドルテンポの曲でもギターがいい仕事をしていて、ふわふわきらきらしてるイントロが独特な世界観をうんでいる。


[Official Video] nano.RIPE - Esoragoto - 絵空事

ライブDVDがたくさん!

ライブバンドっていうだけあって、毎回CDの初回限定盤にドカンと20曲前後のLIVE DVDがついてくるのもポイント。シングルでもついてくるのってのが良いよね。みんなこれくらいLIVE映像を積極的にリリースしてほしいなって思う。やっぱり同じ曲のLIVE映像でも、公演ごとにちょっとした違いとかがあってそういうのがファンは嬉しいだろうなって。ちなみに中学生の時にX JAPANにはまっていた僕は、BOOT REG盤まで聴きあさっていました(笑)


nano.RIPE「ライムツリー」初回限定盤同梱DVD収録「しあわせのくつ」ライブダイジェスト

LIVEでも演奏はかなり安定してるし、アクションもLIVE慣れしてる感じ。そして、男のファンがめちゃくちゃ多い。アイドルかよってくらい多いです(笑)男の人のかけ声って、怒声みたいで迫力すごいですよね。

まずは、ベストから

アルバム曲も捨て曲がなくて、全部のアルバムがいい感じなんだけど、気になったらとりあえずベストを!いろんな色が見えると思います。その後に1stから順にぜひ全アルバム聴いてみてください!あ、そういえば最新シングル『ライムツリー』のカップリングの『希望的観測』って曲がめっちゃ良いので、ぜひ聴いてみてください!

シアワセのクツ(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

広告を非表示にする