はとに豆鉄砲

SNS全盛期だからこそ、ブログが書きたくなりました。思いたったことを、たれ流すように書きます。 音楽の話とか、何かの感想を書いていきます。

【感想】勝手にふるえてろ - 「忘れられない恋と現実の恋」

あらすじ

こじらせ女子「ヨシカ」が、中学時代から10年片思いしている「一」と、自分に真っ直ぐな思いを向けてくる同じ職場の「二」の間で揺れるストーリー。

一と二

一は、イケメンでみんなの人気者だけど、心の中には闇があって惹きつけられてしまう男の子。
二は、おっちょこちょいでイケてないけれど、自分の思いに正直で、明るい真っ直ぐな男の子。

一は現実の恋として届かないとわかっていて、二は自分のことを好きだとわかっていても、10年越しの自分の中の恋心はそう簡単にはひっくり返らない。

初恋であったり、陰りがある人への恋心は、麻薬のように中毒性があって、自分の中から簡単には消えてくれない。同じくらいの心の動きはまっとうな出会いの中にはなかなかなくて、比べてしまう。

ヨシカ

ヨシカの痛さ全開だけどまっすぐなところが可愛かった。松岡茉優さんが美人だから許せてしまうのかもしれないけど、性格が悪くてドスの利いた声で暴言を吐く姿も人間くさくて魅力的。

ヨシカは中学時代友達もいなくて、きっと今もちゃんとはいなくて。自分の心の中につくった壁の中に自分を押し込んでいて、自分がヨシカだと思ってみると、とっても寂しい気持ちになった。だけど、それでも人はなんとか生きている。「二」みたいな奴が現れない「ヨシカ」だってたくさんいる。昔の恋心を引きずったまま死んでいくヨシカだってきっといるはずで、そう思うととっても歯痒い気持ち。

全体を通して

松岡茉優さんと渡辺大知さんの演技がすごく良かったし、カメラワークとか、間の撮り方とか生々しさを感じられて一人ひとりをすごく描き出していた。渡辺さんのリアルティと存在感がすごくて、終わったときには大好きになってしまう。松岡茉優さんも役にぴったりハマっていて、着ている服が毎度かわいい。

コミカルで笑える演出もたくさんで、感情移入しながらも、ずっと笑える映画だった。

黒猫チェルシー / ベイビーユー

エンディングの黒猫チェルシーの曲もこの作品にぴったりで、エンディングに聴くとすごく心地がよくて、総じて良かったです。

 


黒猫チェルシー 『ベイビーユー』

furuetero-movie.com