はとに豆鉄砲

SNS全盛期だからこそ、ブログが書きたくなりました。思いたったことを、たれ流すように書きます。 音楽の話とか、何かの感想を書いていきます。

中学時代を思い出す曲 『Stairway to Heaven』

 

X JAPANのhideとLed Zeppelin

Led ZeppelinのStairway to Heavenを久しぶりに聴いている。中学生の頃は洋楽のハードロックやヘビーメタルばかり聴いていたけれど、歳を重ねるに連れ段々と邦楽を中心に聴くようになり、段々と聴かなくなった。

最近、久しぶりに中学生の頃にやっていたゲームをして、中学生の頃が懐かしくなったから、聴きたくなってしまって。

ギターが主役に近いポジションを占める音楽にはまっていたのは、X JAPAN、とりわけhideの影響だ。当時の僕は彼のつくるギターソロにいつも魅せられていた。昔のインタビューが載っている本を買ったり、中古本屋で立ち読みして、彼らがおすすめしているアーティストの曲は片っ端から聴いた。レッド・ツェッペリンもその時知ったアーティストだ。

Stairway to Heaven

この曲はギターソロがとにかくかっこいい。ジミーペイジのギタープレイはセクシーだなって思う。特にこの曲はLIVE版のアドリブギターソロが当時大のお気に入りで何度も何度も聴いた。ギターソロだけで2~3分あるなんて今の大衆音楽じゃ考えられない。当時のロックンロールは、シーンの真ん中にいてもJazzに近いエッセンスがあったようだ。

Stairway to HeavenはQueenの「Bohemiann Rhapsody」等と並んでイギリス人にとって国民的な曲だ。本当に素晴らしい曲が素晴らしいと評価される、音楽的に恵まれた国だと当時羨ましがったことを思い出す。

もう揃うことのない、このメンバーによる約40年前の演奏。あの瞬間にしか奏でれない音がこの音源には込められている。

HOW THE WEST WAS WON

 

 

 

広告を非表示にする